中国菜館 桂花|生駒市ならやま大通り・中華料理

ならやま大通り沿いのグルメストリート一角にある、中華料理の桂花である。

生駒市・奈良市に住むセレブ御用達の店だが、ランチメニューは非常にリーズナブルでお得感がある。

駐車場も第4駐車場まであり、17台も駐車可能にしていることからもお分かりいただけると思うが、超人気店だ。

ランチから2500円のコースもあるが、多くのお客さんは800~1200円のランチセットを注文しているようだ。

こちらがランチセットのメニューで、主菜のみが異なるメニュー構成。

その他の副菜はすべて同じだが、チャーハンや焼きビーフンのセットではご飯がつかない。

500円を追加すると、ハーフサイズの追加料理を選ぶこともできるので、とてもコスパが良い。

こちらが全メニューに共通の小皿である。

中華風スープに中華風きんぴら炒め、おひたし、それに中華風のお漬物で、これにご飯と簡単なデザートがついてくる。

ちなみにこの日のデザートは小さなコーヒーゼリーであった。

上から、海老と野菜のXO醤炒め、かに玉、それにハーフの白身魚のあんかけである。

どの料理にも共通して言えることだが、素材が立っており、それだけで美味しい。

XO醤炒め、こちらは何種類の野菜が入っているのかわからないほどに、野菜がたくさん入っている。

エビもゴロゴロたっぷりはいっており、ぷりぷりした食感が美味しい。

パプリカも甘く、チンゲンサイはシャキシャキしており、良い野菜を使っていることがわかる。

カニ玉の卵はふわふわしており、とても良い食感だ。

何よりも上にのっているカニが美味しい。

普通カニ玉にのっているかにと言えば、やせ細った美味しくない紅ずわい蟹と相場が決まっているが、こちらのカニはしっかりと歯ごたえのある、美味しいカニを使っている。

蟹の種類までは分からないが、かに料理として頂いても美味しいと思えるカニであり、素材に対するこだわりが感じられる。

白身魚のあんかけは、しっかりと濃い目に味付けが為されており、ご飯によくあう。

醤油の旨味と中国酒の香りがよくマッチしている。

なお、白身魚のあんかけは濃い味付けだが、それ以外のメニューは非常に薄味で、素材の味を引き出すことを考えている調理法だ。

いわば日本的な中華料理と言うべきだろう。

シェフの料理哲学が個性となってよく現れている料理になっている。

濃い目の中華をガツガツ頂くイメージではなく、あっさりした中華を上品に頂くことを目的に行くお店である。

素材にも実直であり、非常に良いお店なので、ぜひ一度足を運ぶことを検討してみてはいかがだろうか。

【店舗データ】

店名:中国菜館 桂花    

所在地:生駒市真弓南1-10-7 

定休日:火曜日       

TEL:0743-79-0013      

営業時間 :11:00~15:00 17:00~22:00 

駐車場:17台        

子供連れ:OK        

Webサイト:店舗公式Webサイト 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク