街のみなと食堂 奈良店|寿司和食・ランチ

24号線沿いの北向き、大起水産回転寿司と直売魚市場に隣接する、大起水産と同じ会社が経営する街のみなと食堂奈良店だ。

比較的リーズナブルな値段で海鮮丼やお刺身、握り寿司などが食べられるお店で、幹線道路沿いで駐車場も広いことから多くの人で賑わう。

見た目も内装も簡素なプレハブであり、福井県若狭市の漁港に隣接する魚市場と、魚市場内にある漁港直営の海鮮レストランを彷彿とさせるイメージだ。

多くの人で賑わっているため内装の撮影は自粛したが、漁港の簡易レストランを意識した作りになっているものの、エアコンも完備されており暑い、寒い、不潔といったものではない。

ただ、トイレは建物の外にあり、こちらはお世辞にも快適とは言えなものだ。

看板メニューは海鮮丼で、下が特上海鮮丼980円、上が上海鮮丼780円である。

ちなみにバチマグロの赤身がメインの並海鮮丼は580円。

盛り込まれる切り身の量とグレードが値段によって変わる。

ただ、看板は結構適当である。

レジ横に本日の海鮮丼の中身という手書きのボードがあるものの、上海鮮丼に入ってると明記されているサーモンはどこにも入っていない。

特上には入っているので、品切れで別のものと代替しているというわけでも無さそうだが、このあたりは担当者の感覚なのであろうか。

ちなみに上海鮮丼にはコショウダイやサゴシ、ブリ、キハダマグロのようなあっさりしたマグロと言った切り身が盛り込まれる。

特上になるとそれにウニとサーモンが乗っているが、そもそもサーモンは上海鮮丼にも盛り込まれているはずだったのだが・・・。

なおご飯は酢飯ではなく普通の白ご飯だ。

いわば、お刺身がご飯に乗っているお刺身定食の変形版と言ったところだろう。

味については、コストパフォーマンスが良く美味しく頂けたが、あっさりした肴がメインなので、脂の乗ったネタが好きな人には物足りないか。

なおウニについては苦味がなく、ミョウバンを使っていないと思われる美味しい粒であった。

このあたりは、さすがに大起水産直営のお店というクオリティを感じさせる。

回転寿司の方と違い、客層は1~2人で訪れている人が多め。

仕事の最中にさっと海鮮を楽しみたい人が立ち寄っているという食事スタイルであり、回転寿ストは違う需要を拾っているのでとても上手な経営スタイルを感じさせるお店だ。

入りづらいという雰囲気もなく、気楽で手軽にランチを楽しむことができるので、近くに行った際には足を運んでみてはどうだろうか。

【店舗データ】

店名:街のみなと食堂 奈良店 

所在地:奈良市柏木町527-5   

定休日:1月1日、2日      

TEL:0742-32-2525        

営業時間 :10:00~21:00     

駐車場:有り(休日の繁忙時間はやや手狭)

子供連れ:OK          

Webサイト:http://www.daiki-suisan.co.jp/ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク