板前焼肉心(こころ)|奈良・焼肉ランチ

三条大路2丁目の交差点角にある、板前焼肉心だ。

このお店は、昨日訪問した東生駒の肉匠花と同じ会社が経営しており、メニューの内容も全く同じである。

肉匠花が余りに残念なランチメニューに変わり果てていたので、果たしてこれは生駒のお店だけが残念になったのか、グループ店全店で残念になってしまったのかを確認しようという意地悪な訪問である。

ご覧の通りで、メニュー内容は肉匠花と全く同じだ。

値段設定も同じで、同じメニュー表を使っている。

ここまでくれば、きっと同じお肉が出てきそうなものであるが。。

ちなみにこちらでも、昨日と同じ焼肉定食980円と3種盛り定食を注文。

ただし3種盛り定食は、+400円で牛タンとエビがおまけで付く真心定食に切り替えてのオーダーだ。

・・・

ぜんぜん違うものが出てきた。

上のお皿が980円の焼肉ランチ。

下のお皿の右半分が3種盛り定食で、野菜から左の部分がおまけで付く牛タンとエビだ。

同じオーダーなのに、あからさまに昨日のものと違う。

ちなみに昨日の、生駒の系列店での同じオーダーで出てきたお肉はこちら。

とにかく脂だらけで、かなり厳しい。

特に画面右、焼肉定食の赤身2種は、その半分がまるで牛脂の固まりであった。

どれだけ焼いてもさすがに食べることができない。

ところが、この奈良の同じ系列の店ではしっかりと赤身2種が出てきたではないか・・・。

1日違いなので、季節により内容が違うとか言う話ではないだろう。

明らかに違う肉質のものを出しており、この差の付けられ方は生駒市民としてやや不本意である。

奈良店のほうが立地上、観光客なども多く良いものを出しているということなのだろうか。

どちらかと言うと、生駒の住宅地ど真ん中に出している肉匠花の方が、リピーターを大事にするべきだと思うのだが・・・。

なお多様なタレで楽しめることが売りだった部分は、こちらのお店でもタレは1種類になっていたので同じであった。

デザートは生駒のお店とほぼ同じであった。

生駒はレモンシャーベットだったが、奈良はゆずシャーベット。

ここには差が付けられていない。

奈良のお店は、全体として以前と同じ構成になっているのでリーズナブルでもあり、多くのお客さんが入っている。

しかし生駒のお店は、ちょっとこの内容では厳しいのではないだろうか。

しかも生駒市民は、奈良市も生活圏なので、同じ系列のお店で差がつけられていることを普通に気がつく環境にある。

やや残念な店舗展開の在り方であった。

【店舗データ】

店名:板前焼肉心        

所在地:奈良市三条大路2丁目2-22 

定休日:水曜日         

TEL:0742-36-7788        

営業時間 :11:00~15:00 17:00~24:00 

駐車場:十分あり        

子供連れ:OK          

Webサイト:店舗公式Webサイト  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク