大起水産回転寿司|奈良店・柏木町

柏木町にある、大起水産回転寿司奈良店である。

新鮮な海産物を直売する「まちのみなと」マーケットと、それらの食材を安く頂ける大衆食堂「まちのみなと食堂」も併設されている、奈良県内での旗艦店だ。

大起水産自体は大阪府堺市の会社だが、この店舗は1996年に営業を開始しており、もう20年以上(2017年現在)の歴史がある。

奈良県内には他に橿原と学園前にも店舗があるが、学園前の店舗は比較的規模が小さく、以前は函館市場だった店舗を改装し居抜きで使っている。

函館市場の頃、連日満員の人気店だったがなぜか撤退してしまったので、函館市場で回転寿司が食べたければ、生駒市民は高の原イオンまで行かないと食べられなくなってしまった。

函市ファンとしては悲しい限りである。

季節の鮮魚は毎日、メニュー表が更新され入荷状況で美味しい魚が頂ける。

なお、奈良県内の回転寿司にしては珍しくランチメニューをやっていない。

かなり強気の経営である。

その代わり、一度訪問すると次回使える赤だしか貝汁、もしくはソフトドリンク無料サービスのチケットを人数分もらえる。

定食の汁物の代わりとして赤だしを頼むとしっかりとお腹にたまるので、結果として他店舗のランチと同じくらいの価格に収まることが多い。

赤だしは時期によって中身が変わるが、だいたい季節の魚の脂がたっぷり乗ったあらが入っている事が多い。

これも美味しい。

奈良県にある、皿によって値段が変わる回転寿司の中でもやや高価な方だが、味もその分期待に応えてくれる良いお店だ。

お寿司の値段は100円から500円まであり、定番から珍しいもの、生け簀から上げたばかりの活き造りなども頂ける。

100~150円では紅イカとオーロラサーモン、200~250円では活き締め真鯛、海老霜降り、タコ霜降り、本マグロ赤身、活き締め真鯛霜降り、350~500円では本マグロ中トロ・大トロ、ボタンエビ、うにあたりが人気のようだ。

本マグロの赤身250円はこの値段で頂けるクオリティではないのでとてもお得感がある。

赤だしのアラ汁とオーロラサーモン、トロ鉄火だ。

ぶりの脂の乗った身の部分がごろっと入っている赤だしはやはり旨い。

オーロラサーモンは150円で、やはりお得感のあるネタだ。

トロ鉄火もたっぷりと脂が乗ったところを惜しげもなく使ってくれており嬉しい。
(それにしてもいきなり脂たっぷりである・・・。)

桜鯛の霜降りは春先ならではのメニューだ。

鯛はやはり皮ぎしが一番美味い。

もみじおろしが添えられているが、鯛の甘い香りを楽しみたい場合は敢えて一緒に食べることは無いだろう。

ホタテに限らず、希望すれば炙りメニューに対応してくれる。

写真の奥は生のエンガワだが、脂が乗っているので軽く焦がして貰ったほうが美味しく頂けるかもしれない。

鯛は霜降りとの食べ比べで生も頂いてみるが、やはり鯛らしい甘い香りとしっかりした歯ごたえが旨い。

いくらの粒はやや小さめだが、実はイクラは大きいほど高級と言うわけではない。

粒が大きすぎると皮が口の中に残り不快な思いをすることがあるが、やはり大きすぎず小さすぎず、味の濃いものが高級とされているようだ。

ちなみにイクラにも牛肉のように等級があり、7等級に分類されているが、中にはイクラではなく、鱒の子供であるマス子を使う回転寿司もある。

100円寿司の中で、現在経営に苦しんでいる某社は「鱒いくら」の名前で、やはり鱒子を提供している(2017年3月現在、公式Webサイト原材料一覧表より)。

最大手で、100円寿司で一番美味しいと人気のある某社に至っては、「いくら」と称して鱒子を販売しているのが実情だ(2017年3月現在、公式Webサイト原材料一覧表より)。

鱒子それ自体は美味しいのだが、やはりいくらの名前を冠して提供すると、子供に正しい味と知識が継承されないのでイクラはイクラ、鱒子は鱒子で提供して欲しい。

一時期、100円寿司の原材料詐称(言い換え)が問題になり、その多くが改善されたのだが、今でもまだ、わずかにこの問題は残っているようだ。

泳がせアジの活き造りはやはり旨い。

ショウガおろしがたっぷり付いているが、このネタは醤油を僅かに垂らして素材そのままで頂きたい味だ。

魚は熟成させたほうが旨みが増すという話もよく聞くが、新鮮で歯ごたえの良い活き造りはやはり特別な旨さがある。

1尾全てを活き造りもしくはお寿司で頂くことも出来るし、写真のように半々で頂くことも出来る。

これで670円はかなり嬉しい。

100円の開店寿司はコスパも高く、食べ盛りの子供がいる家庭にとっては大きな味方だが、やはり皿によって値段が変わるお店に行くとより寿司の美味しさを感じられる。

生駒から行ける回転寿司の中でも、クオリティが高い方なので訪問したことがない人は一度試して欲しい。

なお、生駒から行く際は阪奈道路から24号線に直接入ると右折で入店できないのでたどり着くのに苦労する。

柏木町のパワーシティの方に向かい、そこから24号線を北上して左折で店に入るほうが便利なので併せて注意をして欲しい。

【店舗データ】

店名:大起水産回転寿司 奈良店 

所在地:奈良市柏木町527-5   

定休日:12月30日~1月1日    

TEL:0742-32-1002        

営業時間 :11:00~22:00     

駐車場:有り(休日の繁忙時間はやや手狭)

子供連れ:OK          

Webサイト:http://www.daiki-suisan.co.jp/ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク