橿原市立こども科学館|奈良・畝傍御陵前

生駒市民にはあまり馴染みがないが、橿原市にあるこども科学館は小学生の子供を連れて遊びに行くには楽しいレジャー施設だ。

科学を学ぶ公立の施設は勉強がメインで子供にとって退屈な施設が多いが、こちらは楽しく遊びながら科学の実験をできることがコンセプトになっており、大人でも楽しめる。

ペットボトルで作ったロケットを実際に飛ばし、ロケットが宇宙に飛び出す原理を学ぶコーナーや、宇宙船の操縦を体験しながらいろいろなミッションをこなす乗り物、音や色の伝わり方・見え方をいろいろ体験しその原理を学ぶものなど、興味深い物が多い。

電気と磁力の原理を学ぶコーナーや、振り子や運動エネルギーの仕組みを実物を使って学べるコーナーは、小学生よりもむしろ中学生が体験するべきかもしれない。

理科のこの辺りの学習はなかなか実感で掴みにくく、理屈で覚えようとして理科が嫌いになる子供も多いので、公式や理論を身に着けた上でこのような体験施設で実際の働き方を見ると、より理解が深まるのではないだろうか。

とは言え基本は遊ぶところなので、勉強をするのではなく親子のちょっとした室内レジャーのつもりで出掛けてみると良いだろう。

体験コーナーではさらに興味深い実験イベントが体験できる。

2016年に実際に開かれていたイベントでは、

ドライアイスの世界~ドライアイスの空気砲~

液体窒素の世界~-196℃を体験~

気体の世界~水素ロケット発射!~

などが行われていた。

体験イベントは随時Webサイトで更新されているので出かける前にチェックをして欲しい。

生駒市からは少し距離があるが、ついでにダイヤモンドシティ・アルルで買い物をしてくれば家族みんなで楽しめるだろう。

入館料も安く、天気の悪い日の屋内レジャーにはとても楽しめる科学館だ。

【施設データ】

名称:橿原市立こども科学館  

料金:大人410円 高・大学300円 4歳以上100円 

開園時間:9:30~17:00    

定休日:月曜日 12月27日~1月4日 

所在地:橿原市小房町11-5   

駐車場:450台(中央公民館などと兼用)

電話番号:0744-29-1300(橿原市文化振興課)

目安所要時間:70分      

Web:科学館公式Webサイト  

※所要時間の目安は生駒駅起点で自家用車を使った際の最短時間

※画像は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク