みはる温泉 美榛苑(みはるえん)|宇陀・榛原

奈良県宇陀市にある国民休暇村系の温泉宿、美榛苑。

なぜ生駒市民なのに車で1時間そこそこの温泉宿に泊まりに来たのか。

どうせ数万円払うならせめて福井や和歌山、京都の日本海側に行けばよいではないか、と我ながら思う。

自分でもよくわからないが、家族にお祝い事があり、数万円払って良いもの食べるなら家に帰る必要がない温泉宿に泊まってしまえと思い付き、数日前に予約を取った。

かなり思いつきの行動である。

しかも翌日のチェックアウトが10時なことを考えると深酒もできない。

我ながらアホである。

とは言えここは、アルカリ性のトロトロした泉質で有名な温泉。

行けばきっと楽しいはずだと思い、テンション上げて訪問した。

部屋についた。

正直格安プランで、土曜日なのに大人1人12000円である。

お世辞にも、きれいで最高の旅館とはいえないが、1泊30000円の宿に泊まりに来たのではない。

お食事会の延長としてはコスパが良いではないか。

宿は日帰り入浴で賑わっているが、宿泊客と日帰り入浴客のお風呂は分けているのが嬉しい。

こじんまりとした宿なので時間帯によってはお風呂は貸し切りだ。

自慢の温泉にさっそく浸かってみたが、泉質は評判以上だ。

ここまでのアルカリ性でトロトロのお湯は、和歌山県のリヴァージュ・スパひきがわ以来で、正直期待値が高かったのにガッカリさせられなかった。

湯船は大浴場一つで露天風呂もないが、お湯の満足度は非常に高い。

ただしかけ流しではなく循環温泉なので、どうしても塩素の匂いがしてしまう。

その点は、温泉宿としては多少マイナス要素かも知れないが、コスパが(ry

食事はお造りに大和牛の鉄板焼き。

天ぷらに茶碗蒸しなどがつく。

これに野菜やデザート、ご飯物を自分で好きなだけ取り分けるシステムだ。

国民休暇村系なので格安なのである。

ご飯のメニュも-けっして舟盛りが在る豪華な食事とはいえないが、コスp

正直、親の還暦や長寿のお祝いの席としてはやや豪華さに欠けるかもしれないが、少し気の合う友達と一杯飲みに行くつもりで温泉宿に遊びに行くのならちょうどいいかもしれない。

豪華な宿に有りがちな過剰な接待もなく、国民休暇村系なので接客は最小限だ。

普段使いの温泉宿として、生駒から1時間30分ほどで行ける小旅行の行き先として考えても悪くはないだろう。

なお、ここの温泉は奈良県下で初めて療養泉に指定されているほど、お湯の質は良い。

うだ・アニマルパークの帰りに日帰りで立ち寄っても良いかもしれない。

ネット環境はなくWi-fiも使えないので、ビジネスユースとしてはお勧めできないかもしれないので要注意を。

【旅先データ】

施設名:保養センター美榛苑    

施設の種類:温泉宿        

所在地:奈良県宇陀市榛原福地255  

定休日:無し           

TEL: 0745-82-1126         

営業時間 :-           

駐車場:十分有り         

子供連れ:OK           

移動の目安:生駒から車で1時間30分 

おすすめポイント:上質の温泉   

Webサイト:美榛苑公式サイト   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク