【閉店】江戸前回転鮨・弥一 奈良大宮店|大宮通り・回転寿司

2017年7月31日閉店。

詳しくはこちらで。

二条大路南3丁目手前にある回転寿司の弥一。

和歌山の海の幸を中心に使った江戸前回転寿司の、廻る寿司の中では高級の部類に入るお店だ。

お米も和歌山産を使い、食材の多くを和歌山産にこだわって揃えている。

以前この店舗はくら寿司だったが、道路を挟んで北側に移転し、その跡地に居抜きで弥一が入居した。

店内はテーブル席がメインだが6人がけ、4人がけの掘りごたつ式小上がりも4つあり広々としている。

しかし、ランチ時には平日でも毎日いっぱいで30分待ちはザラだ。

EPARKの順番待ち予約システムを導入しているので、混雑状況を確認してから出掛けたほうが良いだろう。

普通に頂くと1人3000円~ほどになる、皿によって値段が変わる回転寿司で、かつ一皿あたりの価格帯も高価だ。

その分ネタもよいのだが、そのお寿司をランチタイムでは破格の安さで頂ける。

奈良のお寿司屋さんのランチはどこも競うように安くて美味しいセットを導入してくれているのが嬉しい。

那智、龍神、紀州、高野はお寿司10貫にお吸い物、具がぎっしり詰まった茶碗蒸し(小柱、カニ、海老、銀杏、かまぼこ入り)までついて税込み970円はかなりのお得感が有りお勧めだ。

こちらは期間限定、この時にしか頂けなかった弥一の2周年セット。

桜鯛に大トロ、穴子の姿握りにウニ・カニ・いくらの海鮮丼までついて1200円。

期間限定なので普段はここまでの大盤振る舞いはないので、あしからずである。

見ただけで旨いとわかる桜鯛の色合いと脂が食欲をそそる。

こちらは定番の高野。

うなぎの炙りやウニ・いくら軍艦、中トロまで入っておりお得感が凄い。

味も申し分なしに旨い。

夜に行くと、ビールを飲みながら何皿か頂いて1人5000円くらいを考える必要があるお店だが、ランチの美味しさと安さは奈良でも指折りのお店だ。

なお、生駒から出かける際には、阪奈道路を直進すると右折ではお店に入ることは出来ない。

阪奈道路の途中から308号線に逸れて三条大路2丁目の交差点に向かい、一つ手前の三条大路3丁目の、ローソンのある交差点を左折し阪奈道路に出て欲しい。

阪奈道路に出て信号を左に曲がればそこが店舗なので、迷わず入ることが出来るだろう。

【店舗データ】

店名:弥一 奈良大宮店        

所在地:奈良市三条大路3-1-71     

定休日:1月1日            

TEL:0120-85-8105           

営業時間 :11:00~22:00        

駐車場:十分有り(40~50台)     

子供連れ:OK(歓迎)         

Webサイト:http://www.willburn.co.jp/  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク