かっぱ寿司300円メニューはアリかナシか試してみた

最近、かっぱ寿司が強気である。

もっとも業績が落ち込んでいた時期に比べ、やや持ち直しの兆しが見えてきているということもあるが、実際に店舗のお客さんは一時期に比べ結構増えているようだ。

その好調さを受けてだろうか、300円皿を次々に投入しているが、はたして「かっぱ寿司の高級メニュー」は注文する価値があるのかどうか。

実際に試してみたい。

こちら、1貫で堂々の300円である花咲ガニだ。

北海道の高級ガニである花咲ガニをボイルし、軽くタレで味付けした創作寿司。

シャリの形も通常とは変えてきている。

これで300円ということは、2貫付けの店で言うと600円に相当するので、大起水産並の値段設定ということになる。

頂いてみた。

カニの濃厚な味が感じられ、かっぱがカニフェアで使っている、紅ズワイガニとはやはり違う美味しさがある。

身が詰まっているので食べ応えもある。

しかし、この内容で300円は明らかにコスパが悪い。

300円という対価を払って、期待以上の驚きはない。

ちなみにこちら、300円の花咲蟹と100円のカニてんこ盛りを並べた図。

右の100円皿は明らかに紅ズワイで水も出てるが、カニの風味は濃厚に感じられるので値段相応と言える。

3倍の旨みとまでは、やはりいい難い。

こちら、期間限定のウニである。

もはや見た目が残念過ぎる。

店内のPOPを見ると、いかにも粒が立ったウニを山盛りにしているのだが、あまりにもPOPと違いすぎていきなり落胆してしまうだろう。

なぜPOP詐欺を働いてまで、期待値のハードルを上げてしまい、そしてお客さんをがっかりさせるのかと。

とは言え、頂いてみれば「!?」である。

100円回転寿司で出てくるウニの味ではない。300円だが。

苦味は一切なく、ウニの甘味と清澄さが感じられ、後味もスッキリとした、割りたてで頂くウニの甘さだ。

見た目は残念過ぎてガッカリするが、これは300円なら、気分によってはアリだ。

こちらはカニ3貫盛り。

解凍に失敗したカニをボイルしたといった感じで、やはり見た目が残念である。

そして味もビジュアルのままである。

3貫盛りで300円なので、1個100円ということを考えると、100円寿司のクオリティとして評価すべきだ。

そういった意味では、普通の一皿である。

300円メニューではあるが、100円としてはごく普通という感じだ。

ちなみにこちらは、180円メニューのホタテと、期間限定の金華サバの昆布締め。

300円メニューよりも、180円メニューのほうが魅力を感じる一皿だ。

金華サバの昆布締めもよくできており、100円の寿司として非常に満足度が高い。

結局、300円メニューで美味いと言えるのはウニくらいであった。

それでもビジュアルが残念で、店内POPとの差が気になるが、訪問した際に商品があるようであれば、また注文したい。

ご参考までに。

【店舗データ】

店名:かっぱ寿司 二名店  

所在地:奈良市二名3丁目1061 

定休日:無休        

TEL:0742-53-9680    

営業時間 :10:00~22:00   

駐車場:十分あり      

子供連れ:OK        

Webサイト:店舗公式Webサイト 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク