らーめん三ちゃん|JR奈良駅三条通・ラーメン

JR奈良駅から観光客の波に乗り、三条通の商店街を進むと、やがて右手に黄色い看板の「らーめん三ちゃん」というお店が見えてくる。

鶏を使ったスープが売りのようだが、台湾まぜそばの看板が目立っており、いまいちメインがよくわからない。

商店街の入口には麺屋龍があり、そちらの方はなかなか盛況だが、JR奈良あたりの三条通はやはり人の往来が少なく、ラーメン屋さんの営業は苦戦してそうだ。

周囲には昼間から営業しているお店があまりなく、ほとんどが居酒屋である。

にも関わらず、それほどたくさんの人が訪問している様子はない。

通りが狭く車で入るのがためらわれること、お店の駐車場が無いことなど、奈良で繁盛店になるのはなかなか厳しい立地である。

お店の売りは鶏の出汁で取ったスープのようだ。

こってりした味の鶏白湯と、あっさりした味の鶏清湯がメインのようである。

入店したら、ドア右手にある券売機で食券を買い、席に着く。

なお、一番人気は鶏清湯の磯塩ラーメン。

その磯塩ラーメンを、味をそのままに特大チャーシューを乗せたのが匠だ。

2番人気は濃厚磯塩ラーメン。

その濃厚磯塩ラーメンを、味をそのままに特大チャーシューを乗せたのが極である。

この日は、せっかくなのでその極と匠を注文した。

こちらが鶏ガラと青味野菜を中心にしたスープで作った、あっさり味の鶏清湯の匠だ。

麺はよくある汎用的なもので、際立った特徴はない。

スープはあっさりしており、正統派の塩で勝負。

水菜のシャキシャキ感が心地よい。

チャーシューも、柔らかく煮上げているのに味が抜けていないのは大したものである。

こちらは、丸鶏でコッテコテに出汁を取った極みである。

鶏白湯ということだが、やはり鶏清湯に比べかなりこってりし、脂が浮いていることがわかる。

具の構成やチャーシューの味は同じだ。

本当に、こってりかあっさりの違いである。

正統派の塩ラーメンは難しい。

豚骨や鶏もみじを使ったコテコテのわかりやすい旨味ではなく、塩の旨味で食べさせるために、個性を出しにくい。

こちらのお店でも同じような感じであろうか。

美味いラーメンなのだが、印象に残るものがない。

具なのか麺なのか。

何か一つ、強烈な印象に残る何かを仕掛ければ、恐らくブレイクするとは思うのだが。。

【店舗データ】

店名:らーめん三ちゃん   

所在地:奈良市三条町474-1  

定休日:不定休       

TEL:0742-24-4810    

営業時間 :11:30~15:00 17:00~23:00 

駐車場:無し        

子供連れ:OK       

Webサイト:店舗公式Webサイト 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク