平維盛の大祭|奈良野迫川村・夏祭り(花火大会)

花火大会としてはかなりマイナーだが、このイベントはお勧めしたい。

奈良県の秘境・野迫川村で行われる平維盛の大祭だ。

日時は2017年7月29日(土)の16:30~で、花火大会は20:00~。

ただこのお祭り、参加する場合、かなり気をつけたほうが良い。

ネット上には普通の花火大会と同じように案内している観光案内のページを見かけるが、観光客が気軽に行けるようなものではない。

地元民でも、奈良市や生駒市から気軽に行けるようなシロモノでもない。

まず野迫川村には、奈良や生駒から片道3時間くらいかかる。

グーグルマップでルート検索すると2時間30分で行けるように出て来るが、奥吉野の山の中を市街地と同じような速度で走ると崖下に落ちて死ぬ。

まして花火大会の往復で真っ暗な中、車で移動するなど、かなり危険な行為だ。

野迫川村は川に向かって切り立った崖を通る車道が多く、ガードレールも極めて簡易なものしか設置されていない区間が目立ち、野迫川村の地元の人以外が夜に村内を走るのは本当に止めたほうが良い。

ではそんな花火大会がなぜお勧めかというポイントだが、まず花火大会の人出としてはかなり少ない。

というより、村内宿泊客と極めて近郊からしか見物客が来ない。

五條市辺りからでも、おそらく日帰りで車を走らせ見に行く人はほとんどいないのではないだろうか。

次のおすすめポイントは、打ち上げ花火が相当近い。

というより、ほぼ目の前で打ち上げる。

そのため、大輪の花火の華が自分の頭上で炸裂するような迫力を味わえる。

この距離の近さは、他の花火大会ではなかなか味わえるものではない。

しかし会場は野迫川村の「平維盛歴史の里」という、これまた山奥に分け入ったところだが、どうやって参加すれば良いのか。

ここは素直に、野迫川村のホテルに宿泊してしまうしか無い。

というより、それ以外の方法で参加しない方がいい。

野迫川村には村営のホテルが1箇所だけある。

「ホテルのせ川」がそれで、このイベントに際してマイクロバスを出してくれて、ホテルから会場まで送迎してくれるので、慣れない危険な道でも安心だ。

ただ、確認はしてないがおそらく、この記事をポストした時にはすでにお祭り当日7月29日のホテルのせ川の宿泊は満室だと思われる。

例年この日だけはかなり早く埋まる。

野迫川村にある村営のキャンプ場、宮の向かいキャンプ場・北今西キャンプ場もこの日はおそらくコテージが満室になっているはずだ。

しかしこのキャンプ場、例年のことだがテントサイトはほとんどお客さんがおらず、いくらでも取れる。

もしホテルも満室でコテージも満室の場合、テントサイトに宿泊してお祭りに参加することをお勧めしたい。

上記のリンク先から確認して頂ければわかるが、このキャンプ場は自然の中で子供を遊ばせるのに最高に恵まれた環境で、夏キャンプを思う存分楽しめる。

コテージにもテントサイトにも泊まった事があり、何度もリピートしているが、とても良い場所だ。

テントサイト利用者でもコテージ利用者でも、ホテルのせ川の宿泊客なので(経営は村営でホテルのせ川が管理)もちろんおまつり会場に送迎してもらえる。

ちょっと他では味わえない花火と夏祭りを楽しみに、また子供たちと山奥の秘境にあるコテージやキャンプ場で過ごす夏休みはきっと楽しいものになるはずだ。

ちなみにお風呂やシャワーだが、ホテルのせ川の天然温泉日帰り入浴が半額で利用できる。

川遊びでどれだけ泥だらけになっても、天然温泉で清潔に汗を流すことができるのも大きな魅力の一つだ。

キャンプ場にありがちな、不衛生なシャワー室しか無いという設備ではないので、安心して利用することができる。

日帰りで行くことは絶対にオススメできないが、宿泊と込みなら色々と楽しめる野迫川村の夏祭り。

ぜひ、参加を検討してみてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:平維盛の大祭      

開催場所:平維盛歴史の里   

所在地:奈良県野迫川村大字平51 

日時:2017年7月29日(土)    

開催時間:16:30~      

問合せ先:0747-37-2101(野迫川村産業課)

料金:無料          

駐車場:近隣に特設駐車場   

目安所要時間:180分     

Web:野迫川村公式Webサイト 

※所要時間の目安は生駒駅から普通乗用車を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク