全国花火まほろば競技会|花火大会・奈良宇陀

第60回記念 宇陀市はいばら花火大会を兼ねて、第3回 全国花火まほろば競技会が宇陀市の榛原で行われる。

この花火大会、実は関西で唯一ここだけという、花火大会でかなりレアなイベントだ。

何が関西でここだけかというと、タイトルの通り花火競技会が同時開催であるということだ。

花火にももちろん職人技が有り、良い花火、下手な花火が有る。

わかりやすい例を上げると、花火大会に行った時、たまにキレイな円であるべき花火の形が楕円形だったり、酷いものだと歪んでいると言うものを見たことはないだろうか。

意図してそのような演出をしているものもあるが、円形であるべきものがそのような形に散開したら、これはもちろんダメな花火である。

その他には、打ち上げの頂点でしっかりと散開するか。

これは「座り」と呼ばれ、座りの良い花火とは頂点で散開するもので、座りの悪い花火とは打ち上げ途中で散開してしまうものであり、勢いのある中で開くので花はもちろん、いびつに広がってしまう。

他にも「消え口」と呼ばれ、全ての花火の火が同時に消滅するよう火薬の調合をするなど、花火職人の腕の見せ所は多い。

当日は全国から16もの花火職人・会社が奈良・榛原の地に集まり、これら花火の美しさを競い、そして実際に採点が行われる。

その為、普段見られる花火大会よりも確実にクオリティの高い花火が見られることは確実だ。

打ち上げ花火の数は4200発(2016年)とそれほど規模の大きなものではないのだが、人手は実に38000人を数えた。

宇陀・榛原の地にこれほどの人出が集まるのはかなりの大規模イベントといえるだろう。

ちなみに宇陀市の人口は31000人である。

宇陀市の人口より多い人間が花火大会に押し寄せると言えば、この花火大会の人気が伝わるのではないだろうか。

なお花火大会については有料観覧席もあるのだが、区画席エリアについてはすでに完売してしまっている。

イス席についてはまだ若干の余裕があるようなので、特等席で見たい人は公式サイトでチェックの上、なるべく早いうちにチケットを購入しよう。

【イベントデータ】

名称:全国花火まほろば競技会 

開催場所:近鉄榛原駅近郊   

所在地:ー          

日時:2017年8月6日(日)    

開催時間:19:30~21:00  

問合せ先:0745-82-2211(大会事務局)

料金:一般観覧は無料    

駐車場:十分有り(1000円) 

目安所要時間:60分     

Web:主催者公式サイト   

※所要時間の目安は生駒駅から普通乗用車を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク