水の生きものさがし|大阪万博記念公園・イベント

万博記念公園はいつも子供にとって魅力的なイベントで溢れているが、今回の募集は、どちらかと言うと昭和の時代を子供時代で過ごした大人にとって魅力的なイベントかもしれない。

子どもたちと一緒に泥まみれになって、水の中の生き物を探そうというイベントだ。

昭和40年代生まれで、30代後半から40代後半になる世代なら誰しもコンピューターゲームではなく、汚いドブ川や池でザリガニ取りやヤゴの採集に夢中になった夏休みの記憶があるだろう。

そんなイベントが万博記念公園で開催される。

イベントの内容は、ただ、万博記念公園内を流れる川に親子で入り込み、生き物を捕まえようというただそれだけのものだ。

正直こんなイベントは、昭和の時代には成り立たなかっただろう。

募集があっても、子供たちは父親とではなく友達と参加したに違いない。

しかし、平成も終わりに近づく今となっては、それも有料イベントになってしまった。

生き物採集が夏休みの子供の遊びだと思っていれば立派なオッサンであり、初老であることを自覚しなければならないのかもしれない(泣)

さて、肝心のイベントの内容だが開催日時は2017年7月27日(木)、7月30日(日)で時間は10:30~12:00。

参加料金は500円/人で、別途自然文化園の入園料(大人250円)が必要になる。

対象は小学1年生から6年生で、その保護者と一緒に参加することが前提だ。

定員はわずか20名になっており、事前申し込みが必要だが応募者多数の場合は抽選制になっている。

子育て世代で、子供がまだ小学生の大人たちはほとんどが昭和世代だろう。

その大人にとってはやや信じられないのかもしれないが、今の子供達はザリガニ取りなどしたこともなく、セミやカブトムシを怖がるようだ。

そんな子供たちに夏休みの思い出を作ってあげて、大人も一緒に童心に帰る行事としては、こんなイベントに参加するのも楽しいのかもしれない。

【イベントデータ】

名称:万博記念公園 水の生きものさがし 

開催場所:自然文化園       

所在地:吹田市千里万博公園1−1   

年月日:2017年7月27日(木)、30(日)

開催時間:10:30~12:00      

問合せ先:06-6877-7387(総合案内書)

料金:無料(自然文化園入園料大人250円)

駐車場:有り(2時間400円~)   

目安所要時間:40分        

Web:万博記念公園イベント公式サイト 

※所要時間の目安は生駒駅から普通乗用車を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク