ブルーインパルス展示飛行|彦根城築城410年祭・自衛隊イベント

彦根城築城410年祭で展示飛行が予定されているブルーインパルス。

その飛行時間や行き方、駐車場や交通規制などの詳細な情報がやっと発表された。

滋賀県にブルーインパルスの青い翼が翻るのは自衛隊発足以来初めてとは言え、やや主催者側の手際の悪さを感じる。

彦根城築城410年祭が行われるのは2017年6月4日の日曜日。

ブルーインパルスの展示飛行が行われるのは13時頃から20分ほどだが、展示飛行はJR彦根駅から徒歩20分ほどのところにある、金亀公園がメイン会場となる。

彦根城に隣接する公園なので彦根城でも十分見学は可能だが、祭りの主会場はこの公園になるので、こちらから見学したほうが楽しめそうだ。

奈良県民や生駒市民にとっては彦根はやや遠い上に、その前日の6月3日(土)には、航空自衛隊奈良基地祭が行われ、F-15Jの展示飛行も予定されている。

あるいは2016年11月6日に、平城宮跡上空をブルーインパルスの青い翼が華麗に舞った記憶が新しい人には、今回はF-15の勇姿を見られればお腹いっぱいという人も多いかもしれないが、ブルーインパルスが近畿圏に飛来するのは、当面の間これで最後だ。

2017年の展示飛行予定はすべて埋まってしまっているので、日帰りで行ける距離であの勇姿をもう一度見たいという人は、彦根城築城410年祭に足を運んでも良いかもしれない。

また、お祭り前日の6月3日には同じ13時前後に予備飛行が行われる予定になっているので、日曜日は厳しいという人はこちらを見学に行っても十分楽しめるだろう。

お祭り当日は、朝8:30分からJR彦根駅西口で、ブルーインパルスの来城を記念した記念団扇の配布も予定されている。

朝が強い人は、生駒駅を5:57分に出発する奈良行に乗車すれば、彦根駅には8:20分に到着できる計算だがさすがに厳しいかもしれない。

お祭り当日は、ブルーインパルスが史上初めて滋賀県に来るということで主催者側の見込みで数万人の来城を見込んでおり、彦根城一帯のかなり広い範囲に渡って交通規制が敷かれることになっている。

車で来場しても、会場周辺の駐車場には近づくこともできないので、車でのお出かけは控えてJR彦根駅から歩いたほうが確実だ。

なお彦根城までJR彦根駅から徒歩で15分も歩けば到着できる距離だ。

ムリをせず、電車で会場に向かうようにしよう。

なお、彦根城築城410年祭は公式サイトがあるものの、こちらでのブルーインパルス展示飛行に関する情報はかなりお粗末だ。

公式サイトとは別に、公式フェイスブックサイトもあるが、こちらの方がまだわずかに情報のアップデートが早い。

出かける前には最後まで、どちらもチェックしておいたほうが良いだろう。

6月3日のF-15に続き6月4日のブルーインパルスと近畿で嬉しい行事が続くが、2017年度はどうやら、航空自衛隊に関してはこれが最後のビッグイベントになりそうだ。

可能であれば両方、難しいようであれば6月3日(土)の10:50~11:00と、14:10~14:20の2回、奈良市上空を見上げてF-15Jの勇姿を目に焼き付けてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:ブルーインパルスin彦根城築城410年祭 

開催場所:彦根城及び金亀公園 

所在地:滋賀県彦根市金亀町1-1 

年月日:2017年6月4日(日)   

開催時間:13:00~13:20頃   

問合せ先:0749-30-6143(主催者事務局)

料金:無料           

駐車場:無し(公共交通機関の利用推奨)

目安所要時間:2時間10分     

Web:彦根城築城410年祭公式Webサイト 

※所要時間の目安は生駒駅から公共交通機関を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク