らーめん春友流|奈良・みそラーメン

三条栄町の、ラーメン店が目まぐるしく入れ替わる場所に横浜から移転してきた「ラーメン春友流」。

ランチ時には行列ができる人気店だ。

店主は元々営業マンだったが脱サラして横浜でらーめん春友流を開業。その後、子供の子育て環境を考えて、奥さんの実家がある奈良に移転してきたそうだ。

若く見えるがもう40代前半だそうだ。

この日は30日だったので、三十(みそ)の日ということでラーメンが100円引き。

券売機でラーメン各種が690円になっているのは毎月30日限定なので注意して欲しい。

行列が出来ている時には、券売機はゆっくり選ぶことが出来ないのでややニガテなのだが、同じような思いの人がいれば、予め食べるものを決めてから出掛けたほうが良いだろう。

この日は醤油の玉子トッピングとみそラーメンの全部のせをオーダーした。

小さいお子さんがいるご夫婦なので、子供連れ客への目線は優しい。

席につくと清潔なフォークを、一つ一つ袋に入った形で子供のためにと提供してくれる。

麺屋NOROMAのように麺切りを出してくれる店は別格だとしても、コストの掛かる子供への気遣いはやはり嬉しい。

みそラーメン全部のせと醤油ラーメン玉子のせ。

店主はもともと北海道苫小牧のご出身なので、北海道産へのこだわりがようだ。

麺は札幌の西山製麺のつるつるした卵麺をつかっている。

奈良にみそラーメンの店は非常に珍しいが、このあたりも北海道ご出身らしく、看板メニューは北海道名物のみそラーメンと言うことになっているのだろう。

全部のせには、レアチャーシュー、半熟卵、きくらげ、たまねぎ、かいわれ、しょうが、メンマ、もやし、ひき肉が入っている。

奈良にはなかなか無い、野菜攻めのスタイルである。

あ、神座があった・・・最近影が薄い気がする・・・。

どちらのラーメンもとんこつ醤油がベースということになっているが、スープを頂いた時に最初に感じる旨味は鶏のものだ。

いろいろなサイトで鶏ガラと言う表記を見るが、これは鶏のモミジ(足)ではないだろうか。

モミジはゼラチン質を大量に含んでいるので、鳥の旨みが十分に取れることはもちろん、こってりした脂の一杯に仕上がる。

口や手がベタベタする後味になるラーメン、例えば人気店の麺屋NOROMAがそれだが、そのような食感のラーメンはモミジを使ってると思って良い。

おそらくこちらも、メインになる旨味はモミジのような気がする。

味噌は白味噌が強く、やや甘みを感じるもので、まろやかな風合いだ。

個性があるのに優しいラーメンで、食べ進むうちに野菜から出た水分でどんどんスープの味が変わっていく。

頂くのに時間がかかると、大量の野菜から出る水分でややスープの味が薄く感じられるかもしれない。

熱々のうちにさっと頂こう。

駐車場は店前に2台と裏手に3台。

日曜祝日はお休みをされていて、2017年のGWも暦通り、5月3日~7日まで4連休だ。

家族思いの優しいご夫婦なのだろう、子供と過ごす時間も大切にされていることが窺える。

5月8日から通常営業とのことなので、営業日に注意をして出掛けて欲しい。

【店舗データ】

店名:らーめん春友流         

所在地:奈良市三条栄町4-8       

定休日:日祝             

TEL:0742-81-9300           

営業時間 :10:30~14:30 17:30~21:00  

駐車場:有り(やや少ないか)     

子供連れ:OK(歓迎)         

Webサイト:公式Facebook       

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク