肉料理美好(みよし)・奈良柏木町|焼き肉・焼肉ランチ

柏木町のパワーシティ真横にある、一軒家風の焼肉店、美好だ。

東生駒にケーズデンキができるまでは、ケーズデンキで買い物をする場合にはここまで来てた人も多いのではないだろうか。

トイザらスも今のところ、生駒からはここが最寄りなので出掛けているひとも多いと思うが、その際に一度は目にした事がある建物だろう。

このご時世に、「ユッケ・生レバーあります」と、堂々と保健所を挑発しているかのような看板が印象的である。

ご存知の通り、生レバーで子供を含む重大な食中毒事故が起きてから、牛の生肉は法律で禁止され、裏メニューで提供していた店では逮捕者まで出ている状況だ。

しかし近づいてよく見てみると、「馬の」というホワイトボードと手書きの上書きの跡が見て取れる。

数か月前までは無かったはずだが・・・。

このお店を初訪するまでは「違法商品を堂々と売りにするなんて・・・」と眉をしかめてたのだが、縁あって初めて入店した際に、ユッケも生レバーも馬のもので、馬刺しも置いてある美味しい店であることに気がついた。

看板を見て誤解してたが、馬の生肉は桜肉とも言われる高級食材で、生食は今でも合法だ。

というよりも、牛生肉が法律で禁止されてからさらに値段が上がり、大衆的な焼肉店では滅多に目にしなくなった。

その馬刺しや馬ユッケ、馬生レバーがリーズナブルに食べられる、実はかなりレアでありがたいお店なのだ。

(最初から馬って書けばいいのに・・・)

きっと同様に誤解した人などがいて、保健所に随分連絡が入ったのではないだろうか。

手書き・手作りしましたという書き換えが微笑ましい。

価格は、ランチが安い奈良の中でもちょっと群を抜いているリーズナブルさだ。

Aランチが1000円にBランチが1500円。

ステーキ丼が1000円にステーキランチが1500円と、カフェテリア形式のお店で焼肉定食を食べるような値段よりも安い。

桜ユッケや馬刺しもこの値段だ。

元々ご主人が精肉卸関係の仕事をしていたからこの値段で出せるとのことだが、それにしても普通この値段だと、タレ漬けにした薄切り肉がドサッと盛り付けてあるだけの、肉の部位もよくわからない焼肉屋で食べる肉の値段であろう。

写真はAランチ1000円のセットだ。

もちろん焼肉屋さんなので、お昼からちゃんと焼いて食べるスタイルでお皿に盛り付けて出てくる形ではない。

牛タン、豚トロ、鶏肉、もも肉に野菜盛りが焼き物になっていて、これ以外に大盛りご飯とお味噌汁、漬物、サラダまでついているのだから驚く。

(メニュー表にはカルビと書いてあるのだが、肉質はもも肉であろう)

そして、このもも肉がシャトーブリアンのようにとても香りが良く柔らかい。

ヒレ肉に近い上質のもも肉を使っているのは間違いないだろうが、それにしてもこの美味しさには驚かされる。

なお、Bランチにはこの肉がなく、脂がたっぷり乗ったカルビになる。

そのためいつも、この肉を目当てにAランチにしているのだが、いつもBランチと言う人には是非このAランチのお肉も試して欲しい。

こちらはサーロイン170gのステーキランチ1500円。

もちろんご飯と味噌汁、サラダにこちらはコーヒーまでついてくる。

スーパーで売っているサーロイン肉のような筋っぽさが全く無いのはさすがに元精肉屋卸をされていただけあり、目利きが確かだ。

食べるのをためらうような脂身なども全て取り除かれての170gはかなり価値がある。

この内容で1500円と言うのも驚くが、毎月29日は29(にく)の日ということで、1200円で提供されるので更に嬉しい。

そのため毎月29日は、開店の12時とともにたくさんのお客さんで賑わうので注意をして欲しい。

なお定休日は水曜日なのだが、29日が水曜日になれば普通にお休みになるので併せて注意が必要だ。

このお店は、個人の焼肉店にありがちな、床や机が脂でベトベトということも無く、焼肉プレートも新品のようにきれいな状態で出てくるのが嬉しい。

おそらく相当、清潔さにはこだわり、手間ひまをかけて掃除をされているのではないだろうか。

気持ちよく食事ができる、とても居心地のいい価値ある焼肉屋さんなので、生駒からパワーシティに用事がある際には立ち寄ってみてはどうだろうか。

(はいお釣り200万円、という昭和の駄菓子屋ギャグも楽しめるだろう)

【店舗データ】

店名:肉料理美好(みよし)   

所在地:奈良市柏木町484-1    

定休日:水曜日         

TEL:0742-33-0897        

営業時間 :12:00~14:00 18:00~22:00 

駐車場:無し          

子供連れ:OK          

Webサイト:-         

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク