ピッツェリア&カフェ ヴィラマーゴ|奈良・イタリアン

石窯ピザと地元野菜をふんだんに使ったランチを頂けることで評判になっているお店、ピッツェリア ヴィラマーゴ (PIZZERIA VILLAMAGO)だ。

西大寺駅からならファミリーの方に抜ける県道104号線を東に進み、平城宮の大極殿後ろを通り過ぎたところで左折。

さらに1kmほど行くと、狭い路地の住宅街の中に本格石窯で焼き上げたピザを頂ける、そのお店がある。

住宅街の中にあって大きめの駐車場は8台分ほど駐車できるようになっているのがありがたい。

ピザと生パスタ専門の店で、ランチはセットでも頂けるがシンプルなピザを頂きたい場合には単品でも注文できる。

野菜が売りのイタリアンで、近所の野菜農家から仕入れた季節の路地野菜と自家菜園で栽培した野菜をふんだんに使うことがメニューからも見て取れる。

コンセプトとしては学園前のRokumeikanと似ているかもしれないが、やはり石窯で焼き上げたピザは別格に美味しいので、外すことができないだろう。

菜の花と粗挽きソーセージとモッツアレラチーズのクリームソースピザだ。

石窯で焼き上げたピザらしい、香ばしいおこげがあるのが嬉しい。春先の訪問なので菜の花をふんだんに使っているところに季節感を感じる。

生地はどっしりした歯ごたえで厚みがあり、かなり重たい。やや塩分を強めに感じるが、生地に強いコシをすために塩分を多めに加えているのかもしれない。

こちらはポテトと旬菜のマルゲリータだ。

玉ねぎにパプリカ、人参、ウドと野菜がてんこ盛りのピザになっている。

生地とチーズの旨味をシンプルに味わいたい場合に頂くことが多いマルゲリータだが、それが食べたい場合はこのお店では単品で注文しないとダメだったようだ。

一般的なマルゲリータをイメージして注文すると面食らうかもしれない。

ネギときのことローストチキンの生パスタ、フォカッチャ付きだ。

こちらもパスタが見えないくらいにえのきやもやし、菜の花といった野菜で埋め尽くされている。

トマトソースはたっぷりした量でとろみがあり、その中にパスタが泳いでいるような形だ。

もやしとえのきがあるせいか、パスタを頂いているという感じではないかもしれない。

生パスタではあるものの余りモチモチ感を感じない麺になっているので、デュラル小麦のセモリナ粉を使った一般的な生パスタとは違うものなのだろうか。

あっさりした食感の麺が好きな人には喜ばれるだろう。

こちらも立派な石窯があり、たくさんのお客さんをさばくためにフル稼働していた。

お客さんの層はやはりほとんどが女性で、野菜中心のランチを頂きに来ているマダムが目立った。

ピザ、パスタともに季節感を感じる野菜をたっぷり使うメニューは女性に嬉しい構成になっていると思われるが、ウドや菜の花はやはり苦味があり、小さな子供には厳しい食材なので、ファミリー向けと言うよりもマダムをターゲットにしている店なのかもしれない。

サービスには感じ方があり、味の好みは人それぞれなのでそこに良い悪いはないと思うが、雨の日に、お店の入り口に一番近い濡れない良い場所に、高級車を駐車しているオーナー経営者というのがもしいるとしたら、いかがなものだろうか。

お客さん第一ではないのかもしれないと思うと、きっと味の感じ方も変わってしまうかもしれない。

【店舗データ】

店名:ピッツェリア ヴィラマーゴ 

所在地:奈良市佐紀町3112-1  

定休日:月曜日        

TEL:0742-33-7037       

営業時間 :11:30~22:00    

駐車場:8台程度        

子供連れ:OK         

Webサイト:http://pizzeria-villamago.com/ 

※webサイトは、何故か何も内容がない緑色のページになっている(2017年4月現在)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク