【閉店】鼓庵(板前ラーメン)|奈良東生駒

※2017年7月9日に閉店。

近いうちに富雄で居酒屋として再起するそうです。

閉店時の記事はこちら。

東生駒から生駒駅に向かう道の左手角のところ、ひときわ目立つ「鼓庵(つずみあん)」がある。

太鼓の鼓だから「こあん」という読み方ではないので注意して欲しい。

ローマ字表記はTSUZUMIANとお店の看板に書いてあるので、「つずみあん」で良いと思うのだが、某大手グルメサイトのルビは「つづみあん」となっている。それではTSUDUMIANではないか、などと言う話はどうでも良かった。

外観は少し敷居が高そうな小料理屋に見えるが、最近板前ラーメンという名で鯛出汁ラーメンの提供を始めた。

夜は余り外食する人が多くない土地柄なのでランチ営業にも注力し始めたということだと思うが、小料理屋の作るラーメンというのはやはり興味がある。

さすがに和食店というところだろうか、ラーメン定食にお寿司までついてくるセットがある。

鯛出汁ベースで塩と醤油の2種類から選ぶことが出来るラーメンは単品だと800円、寿司5貫セットだと寿司に海老天までついてくる豪華なラーメンセットだ。

唐揚げやチャーハンではないところがいかにも小料理屋さんらしくて嬉しい。

思った以上に迫力があるセットが来た。寿司5貫セットの板前塩ラーメンだ。

寿司はネタが明示されてなかったので季節で変わると思うが、この日はマグロ、玉子、たこ、サーモン、カズノコだった。

カズノコが成形品だったのは和食の小料理屋さんということを考えると少し残念だが、1100円で食べられる内容ではないのでさすがに1本羽を出すことはできないのだろう。

ラーメンの寿司5貫セットなのに海老天1本までついてくる大盤振る舞いだ。

ラーメンはこれでもかとばかりに花かつおが散らしてあり、和食店が作ったひと品と感じさせる。

花かつおでわかりにくいので、どけてみるとこのようなスープになっている。

決して食べかけというわけではなく、花かつおを避けただけなので、ビジュアルが残念なのは許して欲しい。

麺は市販品で良くある縮れ麺、タマゴも固茹でで昭和のラーメンのトッピングでよく見た構成になっており、このあたりは店オリジナルの工夫は見られない。

その他に具は、もやし、かいわれ、きくらげ、鶏もも肉の薄切りになっているが、鉢一面に天かすがトッピングしてあったのは驚いた。これが意外に悪くない。

さらさらしたうどんダシを頂く時、しっかりと味わいたい時は天かすをトッピングしたりするが、よく考えればそれをラーメンでやっても悪くないということか。

天かすと一緒にスープを味わうと、濃いめの塩ラーメンの味をしっかりと味わえる。

鯛の風味を強く感じることはないが、魚系の旨味を感じる出汁になっており、おそらく鶏の旨味も併せているのではないだろうか。鶏油のコクに似た風味を感じる。

和食の板前が作るラーメンということで、もっとシンプルで薄味のラーメンかと思っていたがかなり濃い味だ。

やや塩味がきつい気もするが、天かすと一緒に頂くのでインパクトが強すぎるのかもしれない。

カイワレがたっぷり乗っているので、スープを頂く時はカイワレと一緒に頂くとどちらの味も楽しめるかもしれない。

気が付かなかったが、ぐるなびには現金支払い限定で使える5%オフクーポンがあった。

僅かでもお得になるかもしれないので、お出かけ前にはチェックしておこう。

単品からセットまで、その日のお腹の具合でいろいろ組み合わせて頂ければ楽しめそうである。

【店舗データ】

店名:鼓庵(TSUZUMIAN)  

所在地:生駒市山崎町4-10  

定休日:第1、第3、第5火曜日 

TEL: 0743-73-1038       

営業時間 :11:30~15:30 17:00~22:00

駐車場:8台         

子供連れ:OK         

Webサイト:-        

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク