【新規開店】麺屋 岡田・鶏豚骨味噌ラーメン|奈良市

奈良市の奈良公園のほど近く、南紀寺の住宅街の中にラーメン店がオープンした。

麺屋岡田だ。

若いご夫婦らしき2人で切り盛りしており、プレハブ小屋を小さな店舗に設えての手作り感溢れる、屋台風ラーメンである。

駐車スペースは、7~8台は確保できそうな空き地に店舗があるので、車を駐める場所に困ることはないだろう。

店内はカウンターのみの5席で、本当にご夫婦の小さな城といった風情だ。

招き猫が2匹、店内に飾られており、ご夫婦のお店経営に賭ける思いが伝わる。

住宅街の狭路の先に店はあるが、特段大型の車で出かけても不自由は感じない。

ぶっちゃけ信貴山の牛すじラーメン有名店、アベノ日本一に行く道のほうがはるかに悪路だ。

とは言え、あちらの店舗も離合不可は100mほどのことなので、どうということはない。

それよりも、同じ敷地内にある黄色い店舗のカラオケ喫茶からは、平日昼間から大きな歌声が漏れていた。

付近の住民は大変そうだ。

2017年11月にオープンしたばかりの店舗だからだろうか。

メニューは潔く1本勝負で、とりとんこつラーメン700円のみである。

セットメニューもないので、いつ行っても同じ価格で楽しめる。

奈良の相場に比べて、高くもなく安くもなくと言ったところだが、煮玉子をトッピングすると800円になるので、ややお高めと言ったところか。

こちら、一本勝負のとりとんこつラーメン。

とりとんこつと銘打っているが、味は甘みの強い味噌味だ。

鶏の脂でトロッとしたスープが麺によく絡む。

豚骨の臭みは味噌で打ち消されているので全く感じさせないが、旨味は残している。

具はもやしにネギだけのシンプルなもの。

ピリ辛と言うほどでもないが、味噌ベースのスープには唐辛子でアクセントを付けているので、甘味の中に辛味も主張してくる味わいになっている。

チャーシューは豚バラの脂が乗っているところを丁寧に焼いてあり、その後トロトロに煮込んでいるようだ。

なお、トッピングの煮玉子は、いまどき逆に珍しい超固茹で卵。

昭和のラーメンのお供であった固茹で卵だが、パサついた黄身をスープにまぶしながら頂くと、妙に懐かしい気持ちになる。

麺は小麦の旨さがしっかりと残る細打ち麺。

しゃっきり固めにしたほうがこのスープには合いそうだが、何も言わないと並の固さで提供されるので、好みがあれば伝えたほうが良いだろう。

頂いてから気がついたが、このスープにチーズをトッピングするのがお勧めのようだ。

スープはやや塩味が強い味なので、チーズを溶くとさらに濃い味になりそうだが、このあたりは好みだろうか。

全体として、まだまだ進化の余地がある一杯だが、お店のコンセプトである「ここでしか頂けないラーメン」という方向性は目指せているようだ。

近くに行く際には、来店を検討してみてはどうだろうか。

【店舗データ】

店名:麺屋岡田         

所在地:奈良市 南紀寺町4丁目110-1  

定休日:水曜日         

TEL:080-8326-0809     

営業時間 :11:00~14:00 18:00~21:00 

駐車場:7台          

子供連れ:OK         

Webサイト:店舗公式ツイッター 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク