第23回全国金魚すくい選手権大会2017|奈良・大和郡山

金魚の街として全国的に有名な奈良県・大和郡山市で、恒例のスポーツ金魚すくい、第23回全国金魚すくい選手権大会が2017年度も開催される。

開催日は2017年8月20日で、開場は8:30から。

開催場所は奈良県大和郡山市にある金魚スクエアで、最寄り駅はJR大和路線の大和小泉駅となっている。

大和郡山市には2017年現在で50件もの金魚養殖農家があり、その飼育面積は実に60ha。

年間の生産量は6000万匹という圧倒的なスケールを誇る。

その一方で疑問になるのは、なぜ大和郡山市で、金魚の養殖が盛んになったのだろうか、ということだ。

大和郡山市での金魚養殖の興りは1724年と言われており、甲斐の国の地方領主、柳澤吉里氏が幕府の命により大和郡山市に国替えになった時からと言われているので、実に300年近い歴史がある。

その後時代は下り、明治時代になった頃合い、内陸部であり有効な仕事に恵まれなかった農家や職を失った武士たちの仕事として金魚の養殖が盛んになって今日に至るが、その際は柳澤氏による技術指導が行われ、これにより「金魚の町 大和郡山市」が誕生することになった。

なお大和郡山市には、柳澤神社という金魚ゆかりの神社があるが、この神社の御祭神は大和郡山市を金魚の町とした始祖である柳澤吉里氏の父親である吉保氏。

柳澤氏が大和郡山に国替えとならず、あるいは金魚の養殖に着手しなければ今日の大和郡山市はなく、スポーツ金魚すくいも興り得なかったと考えると、歴史の因果の深さを思わずにはいられない、

なお金魚すくい大会だが、残念ながら選手としてのエントリーは既に終了しているので、観戦を楽しむか、あるいは会場で開かれるイベントを目当てに遊びに行くことになる。

同時開催で行われるイベントでは、スポーツ金魚すくいの体験・練習ブースが設置され自分の才能を試すことが出来るほか、上野樹里の妹でシンガーソングライターの上野まなも来場し、野外コンサートが開かれることになっている。

その他、ご当地アイドルや大道芸の舞台パフォーマンスもあり、各種お祭りらしい屋台が数多く出店するなど、夏祭りらしい盛り上がりで来場者を迎えることになっている。

年々競技人口が増え、盛り上がりを見せる大和郡山市のスポーツ金魚すくいのイベント。

誰でも気軽に始められる趣味でもあり、まずは体験ブースで気軽な挑戦から始め、また熱戦に声援を送り、お祭り気分に浸りに足を運んでみてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:全国金魚すくい選手権大会2017 

開催場所:金魚スクエア      

所在地:大和郡山市矢田山町2    

開催日:本文参照          

開催時間:本文参照         

問合せ先:0743-53-1151(市役所)  

料金:入場無料          

駐車場:-            

目安所要時間:50分        

Web:大会公式Webサイト     

※所要時間の目安は生駒駅から公共交通機関を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク