夏の星空観察会|大阪万博記念公園・イベント

夏休みも終わった早々の2017年9月2日、少しだけ夜が過ごしやすくなった頃合いで、初秋の星空観察会イベントが、大阪の万博記念公園で行われる。

時間は17時から21時。

時間帯が時間帯なので、中学生以下は必ず保護者同伴が必須となっている。

当日は主催者が用意をした天体望遠鏡を覗き、月のクレーターや、天道の状況によっては土星の輪っか、火星の極冠、木星の縞模様などいろいろなものを楽しむことが出来るだろう。

夏の盛りは大気の状態が不安定になり、そのため天体望遠鏡を使い天体観測をしても、まるで陽炎のようなさざ波が立って星がよく見えないことがある。

その悪条件が良くなるのが初秋から晩秋にかけて、夜の大気の状態が安定して、視界がクリアになり始めるときだ。

この時期は星空にも、早い時間から多くの代表的な星座が昇り、また秋の名月のお月さまも楽しむことが出来る。

子供の頃に天体望遠鏡で空を見上げ惑星観察をすると、宇宙観や空への思いが思いもかけず大きくなることがある。

この貴重な体験を機に理系に目覚め、様々なことにチャレンジし始める切っ掛けになるかもしれない。

大人にとっても、いつまで経っても天体観測はやはり楽しいものだ。

なおイベントへの参加料金だが、年令に関係なく500円ととてもお手軽な価格になっている。

(自然文化園への入園料250円が別途必要)

定員は50名で応募者多数の場合は抽選になるが、募集が2017年8月7日までとなっているので、希望者は早めに申し込んだほうがいいだろう。

なお応募方法は往復はがきのみで、当日消印有効となっているので併せて注意して欲しい。

少し涼しくなり始めるこの時期。

中秋の名月にはまだ少し早いが、だからこそ美しい星空を楽しめることもあるだろう。

夏休み明け早々だが、子供と一緒に初秋の夜空を見上げに、万博公園まで出かけてみてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:夏の星座観望会       

開催場所:自然文化園       

所在地:吹田市千里万博公園1−1   

年月日:2017年9月2日(土)      

開催時間:17:00~21:00      

問合せ先:06-6877-7387(総合案内書)

料金:無料(自然文化園入園料大人250円)

駐車場:有り(2時間400円~)   

目安所要時間:40分        

Web:万博記念公園イベント公式サイト 

※所要時間の目安は生駒駅から普通乗用車を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク