イルミナイト万博-夕涼み-2017|万博記念公園・イベント

暑い夏、今年も夏休みの間、期間限定で夕涼みイルミナイトが開催される。

場所は万博記念公園のお祭り広場。

しかも2017年は、太陽の塔を明るく照らし出す仕掛けとしてウォーターアートプロジェクションが新たに登場するため、例年以上に混雑することは必至だ。

ウォーターアートプロジェクションはただのプロジェクションマッピングではなく、幅20mに噴霧された水のスクリーンに映像を映し出す最新の技術だ。

夏休みのうだるような暑い夜に、夕涼みとしてこれほど涼やかなイベントもなかなか無いだろう。

万博記念公園自然文化園に植えられた様々な花との共演で、光と水が織りなす幻想的な世界は、子供たちにとっても夏休みの良い思い出になりそうだ。

また会場では、お祭り広場に花火を持ち込んで遊ぶことも可能になっている。

手ぶらで来た来園者のために、会場内での花火の販売もあり、消化用バケツの貸出もあるので、夕涼みをしながら花火に興じる、楽しいひと時が過ごせるだろう。

その他会場では、「押尾コータロー&NAOTOの押しても弾いてもな音 in イルミナイト万博」と題して、押尾コータローとヴァイオリニストのNAOTOによる夢のコラボが公開生放送される。

有野晋哉(よゐこ)、鈴木拓(ドランクドラゴン)、蒼井翔太、吉木りさなども来場し、トーク番組の公開録画が予定されているなど、イベントの内容も盛りだくさんだ。

東大路会場では、冬の風物詩と決め込んでいたイルミネーションで照らし出された並木道が登場し、幻想的な空間が描き出される。

子供たちが大好きなエアー遊具(空気で膨らませたお城など)も登場し、最近の万博記念公園の中ではかなり豪華で大規模なイベントになりそうだ。

これだけのイベントが無料(自然文化園の入場料250円は必要)で楽しめるのだから、時間が合えば参加しない手はないだろう。

詳細は公式サイトで確認の上、ぜひ家族や友人、恋人たちと暑い夏の夜、万博記念公園で夕涼みに出掛けてみてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:イルミナイト万博      

開催場所:自然文化園       

所在地:吹田市千里万博公園1−1   

年月日:2017年8月5日(土)~8月15日(火)

開催時間:17:00~21:00      

問合せ先:06-6877-7387(総合案内書)

料金:無料(自然文化園入園料大人250円)

駐車場:有り(2時間400円~)   

目安所要時間:40分        

Web:万博記念公園イベント公式サイト 

※所要時間の目安は生駒駅から普通乗用車を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク