特別展 手塚治虫展|兵庫・神戸ゆかりの美術館

昭和40年代以前に生まれた世代にとって、昭和を代表する漫画家の名前を挙げろと言われれば必ず出てくるのが手塚治虫ではないだろうか。

昭和だけでなく、日本の漫画史上を通じての巨匠であり、代表作を挙げればキリがないが、女性であれば「不思議なメルモ」「リボンの騎士」が。

男性であれば「火の鳥」「鉄腕アトム」「ブラックジャック」が今も強く、心に残っているはずだ。

その発想は極めて独創的であり、フィクションとノンフィクション、人間性と非人間性のはざまで命の尊さや儚さを問い続けた。

そして、漫画という娯楽を通じて「人間とは何か」「命とはどのような存在なのか」という根源的なテーマを追い続けた彼の作品は、常に感動や笑い、悲しさや喜びを提供しながらも、哲学的な後味を残したことは心のどこかに残っているだろう。

この古くて新しい手塚治虫ワールドは、これからも人々の記憶に残り続けることは間違い無さそうだ。

その手塚治虫が手掛けた作品を一同に集めた展覧会が開催される。

場所は神戸ゆかりの美術館で、期間は2017年7月8日(土)から8月31日(木)まで。

夏休みが始まる子供たちに、そのお父さんお母さんが子供の頃、夢中になって読み耽った手塚治虫の作品に触れてもらい、親子で楽しんでもらおうという企画だ。

特別展では、ブラックジャックや火の鳥、ジャングル大帝、鉄絵アトム、リボンの騎士などの代表作にまつわる原画や資料、映像、手塚ゆかりの愛用品などが展示される。

手塚の作画は何十年経ってもその特徴的なタッチから、ひと目みるだけで一気に童心に引き戻される大人も多い。

没後30年近くを経てもなお世界中で愛される手塚治虫。

めったにない特別展なので、時間を見つけて子供の頃の自分に、会いに行ってみてはどうだろうか。

【イベントデータ】

名称:手塚治虫 特別展     

開催場所:神戸市立 神戸ゆかりの美術館 

所在地:神戸市東灘区向洋町中2丁目9-1 

日時:2017年7月8日(土)~8月31日(木)

開催時間:10:00~17:00     

問合せ先:078-858-1520(神戸ゆかりの美術館)

料金:一般1000円、小学生400円など 

駐車場:隣接駐車場あり(普通車300円/60分)

目安所要時間:60分        

Web:美術館公式イベントサイト   

※所要時間の目安は生駒駅から普通乗用車を使った際の最短時間

※写真は全てイメージ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク