函館市場 イオンモール高の原店|奈良・回転寿司

学園前にあった函館市場が撤退し、生駒市から函館市場の寿司を楽しみたいと思ったらイオンモール高の原まで行かなくてはならなくなった。

ちなみにイオンモール高の原はモールの中に県境があり、この店舗があるのは京都側だ。

高の原駅が奈良県にあるので奈良県のモールのような気がするが、一応この店舗の所在地は京都府相楽郡ということになっている。

回転寿司レーンがあった頃を記憶している人にとっては戸惑うかもしれないが、店内は大幅に改装されている。

回転レーンがなくなり板前握りのようになっているが、注文は全てタッチパネルですることになっており会計もタッチパネルですべて集計される仕組みだ。

回転レーンがないから、注文したものしか来ないため、同じ値段のネタを頼んでも皿の色はバラバラ。

少し暗めに照明がセットされた店内はまるでバーのような趣になっている。
(その割には、BGMに何故か天空の城ラピュタ流れていたのが不思議だ・・・)

画像はこはだ180円にサーモン親子480円。

価格帯は、奈良の高級系回転寿司(もはやこの店舗は回転寿司ではないが)の中では弥一と同じような水準で結構高めになっている。

サヨリにタイ、生ハムにモッツァレラチーズをトッピングしたもの。

創作寿司が売りの函館市場だったが、最近はあまり変わり種をおいていないようだ。

オーソドックスなネタが多い。

マグロの頬肉を甘辛いタレで頂く寿司はなかなか頂けるネタではないので嬉しい。

だしの利いた甘めの北海道醤油でお寿司を頂くスタイルは以前のままだ。

きゅうりとサヨリ、エビの3種手綱寿司など、手間がかかったネタもある。

エビフライ一本巻きもかなりお腹にたまる大きさだ。

一通りのネタを頂き、大人で7~8皿も頼むと、だいたい2000~3000円になるので、お昼時は好みが合えばランチを頼むのも手軽で安上がりかもしれない。

今は大起水産になった、学園前にあった函館市場の回転寿司を想像して訪問すると、おそらく別もののお店に来た印象が残るのではないだろうか。

小さな子供を連れた親子連れでいつも順番待ちができていたあの店舗の雰囲気とは全く異なっており、品揃えも当時に比べてかなり少ないようだ。

子供を取り込むことが巧みなサンマルクグループのプロデュースするお店ではあるが、このお店はターゲットが違うのかもしれない。

(子供連れの制限があるなどということはないので、そこは安心して欲しい)

【店舗データ】

店名:函館市場 イオンモール高の原店 

所在地:京都府木津川市相楽台1-1-1  

定休日:無し             

TEL:0774-75-1607           

営業時間 :11:00~23:00        

駐車場:十分あり(食事でイオンモール駐車場無料)

子供連れ:OK             

Webサイト:函館市場公式Webサイト   

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク