奈良県営うだ・アニマルパーク|宇陀市・農業公園

小規模ながら入園料も駐車料も無料で遊べるうだ・アニマルパーク。

生駒からは少し遠出になるが、気候の良い時期にはお勧めの県営の牧場施設だ。

古いカーナビだと、住所を打ち込むと宇陀の山の中のわけのわからないところに連れて行かれるので、行き方は事前に十分調べてから行ったほうが良い。

うだ・アニマルパーク付近まで行ったら、166号線をまっすぐ南に下り、ラーメン・餃子 サッポロと書かれているやや古びたラーメン屋さんのところを左折して伊勢本街道に入り、北に戻る方向に走って一つ目の交差点を右に行けばうだ・アニマルパークの駐車場が見えてくる。

他にも細い道を通れば行ける道はあるのだが、なるべく太い道路を使いたい場合、このルートで行くことがお勧めだ。

うだ・アニマルパークは奈良県営の牧場・試験施設で、また敷地内には保健所の動物愛護センターも設置されている。

残念ながらここには、飼育を放棄された犬や猫などが引き取られており、愛情を持って育ててくれる里親が現れるのを心待ちにしている。

犬・猫とのふれあいイベントや里親マッチングも定期的に行っているので、興味のある人はこちらにも注目してほしい。

牧場部分には山羊や牛、羊といった家畜に加え、ポニーも飼育されており、有料だがポニーの体験乗馬も受け付けている。

ミニブタやうさぎ、モルモットなどの小動物も飼育されており、牛の乳絞りやヤギの屋根渡りと行った珍しいイベントも行われているので、小さな子供でも楽しく遊べる施設だ。

大きな展望滑り台も、小さな子供たちの歓声で賑わう。

生クリームを使った手作りバターの作り方講習会も行われており、作りたてのバターを味わえる貴重な機会もあるので、訪問した際、時間に余裕があれば申し込んでみよう。

なお、うだ・アニマルパークには地元の農産物などを扱う売店と飲み物を買う自動販売機はあるが、レストランはない。

1日過ごすのであれば、ランチは持参して園内の休憩所などで頂くと良いだろう。

トイレや手洗い場は清潔に完備されているので、衛生上の心配も必要ない。

生駒からはやや距離があるが、山の中の牧場でのんびり休日を過ごす、というプランはいかがだろうか。

【施設データ】

名称:うだ・アニマルパーク     

料金:入場無料           

営業時間:9:00~17:00      

定休日:月曜 年末年始       

所在地:宇陀市大宇陀小附75-1    

駐車場:十分有り 無料       

電話番号:0745-87-2520(動物学習館)

目安所要時間:1時間20分       

Web:うだ・アニマルパーク公式サイト 

※所要時間の目安は生駒駅起点で普通乗用車を使った際の最短時間

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク