【激安】戎屋(えびすや・八百屋)|生駒駅・ぴっくり通り商店街

生駒市内で間違いなく野菜が一番安いお店、ぴっくり通り商店街の八百屋さん、戎屋(えびすや)である。

生駒駅南口のぴっくり通り商店街にある激安の八百屋さんで、運営会社は(株)NISHINOという名前なのだが、そんなことは誰も知らない。

戎屋さんと言ったほうが地元人にはピンとくる。

この野菜の値段は、けっして盛夏の頃の、野菜がだぶつき売れない時期のものではない。

まだ肌寒い3月の写真。

露地栽培の野菜が出回らず、ハウスものが中心で葉物野菜はまだ値段が下がらない時期のものである。

春菊やほうれん草が88円に小松菜が55円、大根1本100円など周辺スーパーの価格に比べ3~5割の安値だ。

甘くて柔らかい春キャベツも1玉138円と、信じ難い安さである。

根菜類やきのこ類も負けていない。

人参5本で100円にえのきが一袋48円、しめじ68円。

皮が薄くて柔らかい春ごぼうもたっぷり入って100円である。

しかしこの店、決してディスカウントスーパーによく有りがちな、ややできの悪い野菜を格安で売っているわけではない。

八百屋なので、そんなことをしたらお客さんが離れてしまう。

ここで売っている野菜はどれも、スーパーの店頭で並んでいる品よりもやや品質が良い方だ。

ではなぜ、そんな安値で売れるのだろうか。

お店を観察していると、奈良中央卸売市場で仕入れてきた野菜の箱を店頭で開封し、そのまま次々に陳列している。

文字通りの市場直売で、形ばかりの中間マージンカットではなく、本当に市場で「箱買い」した野菜をそのままダイレクトに店頭に並べているので安く売れるのだろう。

イオンなどの大手流通系が強い時代にあって、家族経営だからこそ出来る地味な強みだ。

良いものを安く提供する昔ながらの商店街の専門店で、いつも多くの人で賑わっている。

なお、お店は目安として18時までとしているが、19時くらいまで開けていることが多いようだ。

ただし、18時頃にはもうほとんどの野菜が売り切れているので、できれば夕方までに出掛けたほうが良い。

駐車場は無いが、市営南駐車場は30分無料で駐車場からお店まで徒歩5分だ。

車の場合、そちらに駐めてさっと買い物を済ませてしまおう。

【店舗データ】

店名:戎屋(ぴっくり通り)   

所在地:生駒市元町1丁目8−6  

定休日:日曜日・祝日       

TEL:0743-73-2420         

営業時間 :10:00~18:00(目安)  

駐車場:市営南駐車場30分無料    

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク