【新店】チキンカリーズ・つくの屋ミ・ナーラ店|インドカレー

2018年4月24日にオープンした奈良市のミ・ナーラ。

イトーヨーカドーの跡地に満を持してリニューアルした商業施設だが、そのフードコートに、本格インドカレーのお店が入居した。

チキンカリーズ・つくの屋ミ・ナーラ店だ。

全く聞き慣れないお店だが、経営しているのは愛媛県に本社がある株式会社スパイス王国。

全国のイオンモールやアピタ、その他商業施設のフードコートでの営業がメインのお店のようだ。

会社の公式Webサイトに依ると、どうやら奈良では、アピタ西大和店のフードコートにも出店しているとのこと。

初めて聞く名前だが、早速試してみた。

店舗スタッフは皆、黄色いカレー色の服を着ているインド人?を演出しているアジア系の人のようだ。

本当にインド人かどうかはわからないが、公式Webサイトでは

「インド人が作る本場のインド料理(インドカレー・ナン)のスパイス王国です」

とのキャッチフレーズが載せられている。

まさかフードコートでインド人が作っていることも無いと思うので、店員さんはあくまでも空気の演出であろう。

なお、言葉が少しぎこちないが、コミュニケーションに困るという程ではない。

なおこちらのお店、カレーだけではなく定食や丼も提供する。

価格帯は600~1000円程度で、フードコートの中心的な価格帯だ。

子供向けセットも充実しているが、ガチャが単独の価格設定が70円となっているのがなかなか斬新である。

ガチャなしの子供向けセットを選ぶと70円の割引となる。

とりあえずカレーが自慢の店なので早速カレーを頼んでみた。

というわけでこちら、とんかつとキャベツのカレー702円(税込み)。

キャベツの盛り方が想定を超えていたが、カレーの具としてこういう食べ方も在るのかと、なかなか斬新である。

肝心の味だが、スパイシーなのにそれほど辛くないという、子供からお年寄りまで楽しめる、とてもストライクゾーンの広いカレーだ。

子供向けの甘口もあるのだが、未就学児でも十分に美味しいと言いながら頂いたので、子供に食べさせるとしても甘口にする必要はないだろう。

悪く言えばやや大衆向けの工夫がない味ではあるが、70%のお客さんに70%の満足を持って返ってもらうフードコートのメニューとしては、かなり秀逸である。

カツも柔らかく、美味しく頂けることができるのも好感度が高い。

総じて、フードコートの定番として根付きそうなとても優しいカレーと言う印象であった。

食べたいものに迷った時には、一度試してみてはどうだろうか。

【店舗データ】

店名:チキンカリーズ・つくの屋  

所在地:奈良市二条大路南1-3-1  

定休日:-            

TEL:0742-93-6640       

営業時間 :10:00~20:00      

駐車場:ミ・ナーラ駐車場共用   

子供連れ:-           

Webサイト:運営会社公式サイト  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク