麺処と市(といち)|橿原市新ノ口・ラーメンつけ麺

某大手グルメサイトでは、常に奈良県のトップ3に入っている、奈良を代表するラーメン店が橿原市の新ノ口にある。

NOROMAとみつ葉で上位を争っている人気店・麺処と市(といち)だ。

NOROMAとみつ葉が奈良北部の奈良市の雄というところなら、と市は奈良中部を代表する名店といったところだろうか。

ランチ時はもちろん、閉店間際でもなかなかすんなりとは入店できない人気店である。

某大手グルメサイトでは、「お店はオートバックスの横」とややこしい書き方をしており、オートバックスを通り過ぎてしまうことがあるかも知れないが、オートバックス駐車場内と言ったほうがわかり易いだろう。

上記画像のような位置関係だ。

お店はオートバックス駐車場内にある長屋の一番端に位置する。

順番待ちの行列が見られるが、これで平日のランチ時からは外れた時間帯だ。

軒が長く太陽の光を避けられるようになっているので、夏でも風があれば順番待ちは苦にならない。

お店に入ると、まずふわっと香るのは丁寧に下処理された抽出したての豚骨の良い匂い。

無○砲のような、野性的で野獣の香りがプンプンする豚骨の香りではなく、優しい豚骨の香りである。

もっとも、無鉄○は、アレがなければ個性が失われてしまい熱烈なファンが離れてしまうだろう。

ニーズはそれぞれだ。

価格は味玉ラーメンが850円なので、これが他店舗と比べる価格になるだろうか。

奈良の相場では少し高めで強気の値段設定だ。

つけ麺も用意されているが、ラーメンは大盛り無料の一方でつけ麺は大盛りが100円増しになる。

みそラーメンや辛みそラーメンもあるが、周囲で注文しているお客さんを見たことがない。

ノーマルラーメンが、やはり大人気である。

この日のオーダーは、上が味玉ラーメン850円にご飯の小50円。

なおご飯は、大中小どれを頼んでも同じ値段で、ホタテ貝柱の佃煮が付く。

なかなか贅沢な取り合わせだ。

下が味玉つけ麺850円。

ツヤツヤした麺が食欲をそそる。

ラーメンの方だが、スープは豚骨に鶏のこってりした旨味も合わせられており、さらにそれに、魚粉の旨さがブレンドされている。

猛烈に濃厚な旨味なのだが、嫌味がなくしつこさがないのがとても不思議だ。

ここまで旨味を重ねてしまうと時に味がややこしくなりがちだが、ここまで味を重ねても全くしつこさがない、見事な一杯に仕上がっている。

つけ麺はラーメンと基本は同じだが、ほんの僅かな酸味が加えられており、そして隠し味程度に甘みも乗っている。

麺はツルツルした気持ちの良い食感で、スープとの取り合わせもバッチリだ。

特徴的なのはチャーシューだろうか。

牛肉で言うとスネ肉の塊のように、そのまま食べたら固くて食べられない、それでいて旨味の濃厚な部位を時間をかけて煮込み、柔らかくしている食感を楽しめる。

スネ肉は牛しか料理をしたことがないのでわからないが、あるいは豚のスネ肉ということなのかも知れない。

旨い。

カウンターだけ10席という店舗の狭さもあり、なかなかすんなりとは頂けないラーメンだが、さすがに奈良を代表するお店だ。

店主さんも言葉数は少ないが、ホスピタリティを感じられる接客はとても気持ちが良い。

近くに行くことがあれば、足を運んでもまず損はない名店であった。

【店舗データ】

店名:と市         

所在地:橿原市十市町1213  

定休日:日曜・祝日     

TEL:0744-22-3660    

営業時間 :11:00~14:30  

駐車場:十分有り(本文参照)

子供連れ:OK        

Webサイト:店舗公式サイト  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク