梅光軒・奈良市新大宮|旭川塩ラーメン

奈良市新大宮の奈良市役所の近く、佐世保川沿いのパチンコ屋の隣に、旭川の有名ラーメン店梅光軒の分店がある。

奈良のラーメン店では老舗と言っても良いだろう、長年に渡り地元で愛されている店だ。

なおこのお店、某大手グルメサイトでは「梅光軒奈良店」と紹介しているが、実は2012年頃に、梅光軒の創業者が亡くなられたことで、親族間で商標権をめぐり裁判になったことがある。

こちらの店舗は巻き込まれなかったようだが、商標審決データベースではこの店舗の名前も出てきていることから、安易に「奈良店」と書かないほうが良いだろうと思い、敢えて梅光軒とのみ記しているがご容赦願いたい。

それはともかくとして、ラーメンに罪はなく、美味しいものを食べたいお客さんにはさらに無関係である。

さっそく訪問記を進めていきたい。

なお駐車場だが、お店の横、佐保川沿いに3台分だけ用意されている。

週末のランチ時には一杯なことも多く、ランチタイムは外したほうが確実だろう。

上記画像の奥左手が駐車場だ。

梅光軒の名前をあしらった壁の飾りも、年季が入っておりすっかり色あせている。

今回久しぶりの訪問だったが、いい意味で何も変わらない。

メニューはシンプルに、しお、醤油、味噌から味を選び、トッピングを選ぶだけだ。

唐揚げも餃子もなく、ご飯をつけるかどうか、のみである。

旭川ラーメンなので味噌がメインというイメージがあるが、こちらの店舗は昔から塩ラーメンが一番人気だ。

冬場には、味噌ラーメンに野菜たっぷりの野菜味噌を注文する人も多い。

今回注文したのは塩ラーメンと醤油ラーメン。

上が塩ラーメンで、下が醤油ラーメン大盛り煮玉子トッピングだ。

塩ラーメンは相変わらず控えめで、それでいて旨味が主張する梅光軒の味だ。

香ばしい塩の香りに昆布の旨味、それにおそらく、わずかに貝類の旨味も加わっているのではないだろうか。

醤油ラーメンの方は動物性の脂の旨さに醤油の旨味が広がり、毎日食べても飽きない控えめの旨さがホッとする。

昔ながらの醤油ラーメンだ。

具も、レアチャーシューや半熟煮卵が全盛の時代に敢えて味を変えず、超固茹でのハードボイルドに昔と変わらぬチャーシューで、ここだけ数十年前のラーメン屋である。

いろいろ浮気をしても、結局ここに戻る人が多いというのが、人気店の秘密なのだろう。

なお麺は、もはや梅光軒の代名詞と言っても良い柔麺。

どこかサッポロ一番の袋麺を思い出させる麺だが、柔麺で仕上げるのが旭川流なのだろうか。

旭川に行くことがあれば、本店の味も試してみたいところだ。

昭和のラーメンの原点を守り続けているような、時代が止まっている風情を感じさせてくれるお店である。

ラーメンでほっと一息つきたくなれば、訪問してみればどうだろうか。

【店舗データ】

店名:梅光軒        

所在地:奈良市大宮町7-2-41 

定休日:火曜日       

TEL:0742-35-5574    

営業時間 :11:30~14:00 17:00~23:00 

駐車場:店前3台      

子供連れ:OK       

Webサイト:ー      

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク