創作中華料理縁(えにし)・王寺町|新王寺駅・ラーメンつけ麺

王寺駅・新王寺駅からほど近い駅前商店街の中。

創作中華料理と美味しいラーメンを頂けるランチ・居酒屋どちらもいけるお店がある。

創作中華料理縁(えにし)だ。

お店に専用駐車場はないが、画像奥、お店が入るビルの真横にコインパーキングがあり、特に不便することはない。

料金は30分100円で、格安の王寺価格だ。

奈良にしては珍しく、平日昼間でも人通りが多い。

隣にはスパイシーで美味しそうな香りを放つカレー屋さんがあり、思わずそちらに吸い込まれそうになる。

夜のメニューも充実しているが、ランチはお得な設定になってる。

中でも売りは、創作中華をいろいろと楽しめるランチプレートのようだ。

正直に言って、中華料理屋さんがメニューの一つとして作るラーメンやつけ麺は、どうしても専門店の味に劣ることが多い。

そのため注文をためらうところだが、こちらはラーメンも美味しいという評判を聞きつけての訪問なので、一通り試すことにする。

こちら上から、塩ラーメンにミニマーボー丼980円、つけ麺にミニ麻婆丼1080円、えにしプレートランチ1280円だ。

価格はいずれも税込みである。

さて、味のほうだが・・・

失礼を承知で申し上げると、中華料理屋さんのラーメンには全く期待してなかったからだろうか、旨い!

塩ラーメンの方はカツオで丁寧に取ったダシに中華風のアレンジがなされており、ほのかに香るゆずの風味が気持ちの良いアクセントを与えてくれる。

真っ当で正統派の塩ラーメンだ。

非常にできが良く、塩ラーメンは時に単調で飽きやすい事が多いが、こちらのお店の一杯は最後まで箸が伸びる。

麺もつるつるした食感の良い出来で、喉越しが心地よい。

一転してつけ麺の方は醤油ベースだ。

こちらはベースになるのが中華の味で和風にアレンジされた醤油の旨味が効いた付けスープになっている。

麺はラーメンと同じものだが、こちらのほうがよりもちもちツルツルを味わえるので、麺の旨さを楽しむならこちらの食べ方のほうが上だろう。

なお、ラーメンもつけ麺も、付け合せのミニ麻婆丼のできが良く、少しピリ辛のアクセントがラーメンと交互に頂くととても楽しめるメニュー構成になっている。

創作中華のランチプレートは、全く文句のない味だ。

どのおかずも非常に丁寧に作り込まれており、山芋を短冊切りにしたサラダなども、味と健康のバランスを考えていてとても嬉しい。

某有名グルメサイトでは、評点僅か3.08の酷評だが(その割には何故は、3.5以上を付けている人が圧倒的に多いのだが)、これは正しい評価と言えない。

そもそもこのサイト、広告を出しているかどうかでも、評点が変わる仕組みであったと聞いたことがあるが、3.5以上を付けている人がほとんどなのに3.08なのはおそらくそういうことなのかもしれない。

こういう仕組みは本当に不信を招き、誠実に運営しているお店にとってもユーザーにとっても全く利益にならないと思うのだが・・・。

いずれにせよ、余り期待値のハードルを上げずに、自然体で一度訪問してほしいお店だ。

ラーメンだけで大繁盛する名店かと言われたら困るが、塩ラーメン専門店として出されても十分満足できる、美味しいラーメンとつけ麺であった。

【店舗データ】

店名:創作中華料理 縁     

所在地:奈良県王寺町王寺2-7-20 

定休日:火曜日         

TEL:0745-33-0824      

営業時間 :11:30~14:00 17:30~23:00 

駐車場:無し          

子供連れ:可          

Webサイト:ー         

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク