ラーメン京(みやこ)|大和郡山市・大和郡山イオンモール

大和郡山イオンモールのラーメン屋、以前「ラーメンの鬼」こと佐野実プロデュースの店が入っていた跡地に、奈良初出展の店が入居した。

ら~めん京(みやこ)大和郡山イオンモール店だ。

グルメコートに他にラーメン店はあるが、イオンモール大和郡山のグルメ街では唯一のラーメン専門店だ。

落ち着いてラーメンを食べたければここしか無いので、平日昼間でもそれなりにお客さんが入っている。

佐野ラーメンであった頃には、少し値段は高いが丁寧につくられた美味しいラーメンが頂けていたので期待が高まる。

看板ラーメンの名前が「神様の中華そば」とは随分と大きく出たものである。

ランチ時にはオトクなセットメニューもあり人気を集める。

また意外にカレーラーメンを注文する人が多い事に驚いたが、隣のおばちゃんが注文したら、まだ昼過ぎなのに「半熟卵が売り切れでして・・・」と店員が謝っていた。

どうやらお店も想定していないほどの売れ行きということのようだ。

こちら上から、神様の中華そば、濃厚こってり鶏塩ラーメン、スペシャル焼き餃子セットである。

・・・そのはずなのだが、神様のラーメンが、メニュー表と明らかに別物の気がしなくもない。

伝票は850円の神様のラーメンになっているが、これはもしかして鶏塩ラーメン750円ではないのかと思わなくも無かったが、とりあえず頂くことにした。

・・・醤油ではなく塩だ、やはり鶏塩ラーメンのようである。

手を付けてしまったので今更替えてくれというのもはばかられたので、気持ちを切り替えて頂いた。

あっさり味にやや鶏の旨味を感じる、オーソドックスな味である。

朝ごはんに頂くと、スルスル入っていきそうな味わいだ。

濃厚こってり鶏塩ラーメンだが、これは濃厚といってよいのだろうか。

濃厚ラーメンと言えば普通、野菜や素材を煮詰めて濃い味にするものだが、片栗粉でとろみを付けたあんかけラーメンだった。

スープの濃さや出汁の味わいは鶏塩ラーメン(?)と大きな違いはない。

でんぷんでスープにとろみを付けているかどうかの違いである。

具のトッピングも、両者とも全く同じものなので、やはりこれは鶏塩ラーメンと濃厚こってり鶏塩ラーメンのようである。

なお別隣の女性が注文したラーメンで何か間違いがあったようであり、一度提供した丼を下げて、

「失礼しました、こちら作り直してまいりました」

と、新たな一杯を持ってくるという一幕もあった。

もしかして、私の注文と出し間違えたのかもしれないが、結局神様のラーメン分850円のお代金を黙ってお支払してきた。

出し間違いがあれば気がついても良さそうであるが、いろいろとオペレーションに混乱があるのかもしれない。

【店舗データ】

店名:ら~めん京       

所在地:大和郡山市下三橋町741 

定休日:不定休        

TEL:0743-55-1385     

営業時間 :11:00~23:00   

駐車場:イオンモール共用   

子供連れ:OK        

Webサイト:公式Webサイト  

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク