鶴寿司|JR奈良駅シルキア

JR奈良駅北西側、駅直結のシルキアにできたランチどころの鶴寿司。

駅改札を出て1分という好立地に2016年5月にオープンしたお店で、本店は天理市にある同名の鶴寿司。

2017年5月の時点で開業から40年近い、天理では知られたお店がここJR奈良駅前に進出してきたことになる。

オープンから何度か通り掛かるたびに覗き込んでいたが、正直たくさんの人が入っているのを見たことがない。

お店の問題というより立地の問題だろう、JR奈良駅前は地元人はもちろん、観光客も絶望的に少ない。

県庁所在地にあるJRの県庁最寄り駅で、駅構内直結1分の場所というのに、GW期間中でもこの状況だ。

ほとんど人がいない・・・。

いくら奈良観光の玄関口が近鉄奈良駅だからといっても、この寂しさはかなりのものがある。

お店は画面左手、カフェの手前の入り口のところだ。

入り口は2箇所。

JR奈良駅直結が上で、シルキア側の入り口が下だ。

シルキア側の入り口は、駅前駐車場からエレベーターに乗ってすぐのところにあり、アクセスは便利なのだが駐車券の処理はもらえない。

駐車代1時間300円が自腹になるので、そういったところは地元人の足も遠ざけているようでややもったいないかもしれない。

JR奈良駅ということで、日航奈良の宿泊客や観光客を想定していると思われるが、奈良県の場合地元人の常連を掴む方針に変えたほうがおそらく客数が安定するのではないだろうか。

ランチメニューもたくさんあり、値段もリーズナブルだ。

観光客相手には、余りネタが良くないのに結構なお値段をつけている近鉄奈良周辺の寿司屋も多い中、地元相場通りの値段で勝負している。

寿司ランチ1000円などは、好きな寿司ネタ5貫をチョイスできるのでお得感もあり人気があるようだ。

この日は海鮮丼セパレートと宝石箱ランチを頂いた。

上が海鮮丼セパレートで下が宝石箱ランチ。

GWのこの時期に紅葉のあしらいはやや季節感が違う気がするが、ネタはどれも新鮮で美味しそうだ。

海鮮丼セパレートは、ネタの下にはあの透明の、プチプチ海藻が敷かれている。

大ぶりに切られたネタは白身からいくら、ウニ、貝類2種盛りなど盛り沢山だ。

錦糸卵が載ったご飯に自分でネタを併せながら頂くスタイルなので食べやすくてありがたい。

ウニも苦味のない甘くてスーッとする美味しいウニだ。

さすが老舗店の出店だけある。

一方の宝石箱の方だが、盛られているネタ数はとても多いものの、すべて細かく切られている。

この店はカウンター内部での調理工程を全部見られる構造になっているのだが、切れっ端のネタを載せたというわけではなく、柵取りしたネタを切り分け、さらに細かく切ったものだ。

小さな子供に食べさせるのには良いのだが、大人が食べる分には、大ぶりの切り身で頂かないと寿司を食べている気がしないという人も多いかもしれない。

調理工程を見ていない場合、端材を寄せ集めた丼で、だから1日10食限定なのかと勘違いする人もいるだろう。

このランチメニューに関しては、ネタを細かく切るかどうか、お客さんに聞くというスタイルに変えたほうが誤解がなくてよいのではないだろうか。

ネタも美味しく価格も手頃でいい店だと思うが、やはり駐車場の無さと立地が厳しいのではないだろうか。

これからも頑張って営業して欲しい。

今回頂いたのはランチメニューだが、夜は海鮮居酒屋としても営業している。

JR奈良駅周辺にはなかなか満足感の高い海鮮どころがないので、夜の宴会でも使えば満足度が高そうだ。

食べログには昼と夜、それぞれのクーポンも用意されているので、出かける前にチェックしても良いだろう。

観光客で支えられる場所ではないので、地元人にもっと認知され、利用される店になって欲しいと願う。

【店舗データ】

店名:鶴寿司           

所在地:奈良市三条本町8-1 シルキア奈良2F 

定休日:無し           

TEL:0742-35-5337         

営業時間 :11:30~14:00 16:00~23:00 

駐車場:無し(駅駐車場直結だが自腹)

子供連れ:OK            

Webサイト:-           

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク