【新店】石窯ベーカリー ブロッドン|奈良・近鉄生駒店

近鉄生駒店の1階食品売り場を大規模改装し、2017年8月に「石窯ベーカリー ブロッドン」が新規オープン。

駐車場直通のエレベーターを降りた目の前から、お弁当やコーヒー豆を販売していた店舗部分全てが取り払われ、パン屋さんとして営業が始まる。

場所は近鉄生駒店の1階だが、それと入れ替わるように2階にあったドンクが撤退することになった。

ちなみにドンクは近鉄奈良店からもすでに撤退し、ブロッドンが新規オープンするようだ。

それにしても、石窯ベーカリー ブロッドンなるパン屋さんは聞いたことが無いが、少し調べてみると興味深いことがわかった。

まず看板のパンは「石窯もっちりトースト」で、食パン1斤で 476 円とかなり強気のお値段である。

「石窯フォカッチャ(ポテト&ベーコン)」 は292 円で、「塩ミルクロール」 108 円 と、高額の食パンから日常的なお惣菜パンまで幅広く扱う。

そして、お店の経営は近鉄百貨店の直営。

正確に言うと、アンデルセングループのパン屋さん、マーメイドベーカリーパートナーズのFCに加入し、さらに近鉄百貨店独自のブランド名として「BRØDON(ブロッドン)」を名乗らせてもらうことで、近鉄の新しい収益の柱の一つにすることを狙っているようだ。

ちなみにBRØDON(ブロッドン)の意味(由来)だが、デンマーク語でパンを意味する「BRØD(ブロッド)」と「ON/温」の2つを組み合わせた造語。

2015年の中期経営計画のプレスリリースに記載があり、2016年6月に近鉄百貨店四日市店に1号店をオープンさせた。

ずいぶん広いエリアを改装していると思ったが、どうやら物販スペースだけでなくイートインスペースまで設置するようだ。

1年目の売上見込み(四日市店の店舗)は2億5000万円というので、かなり強気である。

ドンクが撤退を決めたのか、近鉄百貨店が撤退を求めたのかは定かではないが、近鉄奈良や近鉄生駒の店舗からドンクが無くなり、入れ替わりで近鉄直営のパン屋さんがオープンするとなれば、なかなか厳しい世の中の現実を感じざるを得ない。

美味しいクロワッサンで長年お世話になったドンクが近鉄百貨店から次々無くなっていったのは、実に残念だ。

【店舗データ】

店名:石窯ベーカリー ブロッドン  

所在地:生駒市谷田町1600   

定休日:近鉄生駒店と同じ   

TEL:  〃         

営業時間 :  〃       

駐車場:   〃       

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする